林敬三
林敬三

彫紙アーティスト
一般社団法人 日本彫紙アート協会 会長

 

1951年生まれ

紙を何枚にも重ねて彫るアート 『彫紙(ちょうし)アート』を考案し、その作品は、多くのメディアからも注目を集め、数多くの新聞、雑誌、テレビで紹介されている。

現在は自身の彫紙アーティストとしての活動とともに、新宿教室にて彫紙アーティストの育成にも力を入れている。

 

< 活動 >

日本橋高島屋(個展)/那須高原私の美術館(個展)/新宿ヒルトン東京「林敬三の彫紙アート展」(個展)/銀座・伊東屋(個展)、他。

プライバシーポリシー  運営法人