彫紙アートイベント情報

8月 林敬三「彫紙アート夏季集中講座」詳細案内-vol.2-

林敬三の「彫紙アート夏季集中講座」2018年8月

講座詳細案内<vol.2>

(3)デザインを考え描く…描ける!デザイン化のコツ!デザインのプロセス・鉛筆で描く簡単下絵講座(干支を描く)
   (8/4東京会場、8/25大阪会場)

作品はリアルなものだけではありません。自分だけのオリジナリティ溢れる作品にするにはどのように考えていくといいのか…。「デザイン」という観点から、リアルなものをどの様な視点でとらえ展開していくか、そのプロセスをいくつかの例をとって実践して頂きます。
難しい、分からないという思いから、面白い楽しいと!と発想が変わるような講座内容です。また、「絵が描けない」「絵を描くことは難しい」と囚われてしまい苦しんでいる生徒さんを多く見ます。
基本である一本の線の引き方から練習をし、それをカタチにしていく練習につなげ、今までの既成概念や自分で作っていた枠からの脱却をしてみましょう。絵は描けるようになります!最後には来年の干支である猪を描き上げます。

(4)下絵制作講座…分かっていてほしい、ナンバリング(上級編)!複雑な花の番号付け、人物の番号付けなど
   (8/4東京会場、8/24大阪会場)

ナンバリングの上級編です。
認定講座では1級でハイビスカス1輪のナンバリング。ベーシックではモチーフが重なった場合の正面から見たナンバリング。上級では俯瞰で見た場合の花のナンバリング。そして参考例文として人物の顔、風景の遠景、建物といった基本的なナンバリングを勉強してきました。
では、菊の花のように花弁が多いモチーフをリアルに表現したい場合、どのように番号をつけていくとより美しく、より効果的な作品にできるでしょう?
人物の顔だけでなく、動きのある全身を表現したい時、洋服はどのように、自然な髪を表現する場合はどのようにナンバリングをしていけば、より美しい作品になるでしょう?
最低限の枚数で最大限の効果を上げられるような、上級レベルのナンバリングテクニックを身につけて頂くこと、初めて見る下絵をその場で考えてみるという初見トレーニングを兼ねた新しい試みの実践講座です。
上級を修了していなくても受講して頂けます。

※林敬三の「彫紙アート夏季集中講座」は彫紙アート協会の会員のみ受講可能です。
※お申込は会員専用サイトにて受付中

←講座詳細案内vol.1に戻る 

 講座詳細案内vol.3へ→

 
プライバシーポリシー  運営法人